脳梗塞や自律神経失調症の改善法~正しい治療のトリセツ~

女性医師

自律神経失調

ナース

自律神経失調

自律神経とは、自動的に働く神経のことで、人間の生命活動に深く関係しています。心臓を動かしたり、汗をかいたり、自律神経が正常に働くことで、人は健康的な活動を維持できるのです。自律神経は、交感神経と副交感神経に分類され、必要に応じて優位な神経が切り替わるようになっています。通常であれば、活動時は交感神経が優位、睡眠などリラックス時には副交感神経が優位となりますが、ストレスなどを原因として、自律神経のバランスが乱れる場合があります。強いストレスを感じたときなどは、誰でも寝られなくなるように、基本的に自立神経の乱れは一時的なもので終わるのが普通です。しかし、それが常態化することで、心身に異常があらわれて、その症状まで常態化してしまうことがあるのです。

ストレスの常態化

不規則な生活習慣や、強いストレスが常態化することによって、自律神経のバランスが乱れることまで常態化してしまうと、今度は内臓器官をはじめ、心身ともに原因不明の病に侵されることになります。それが自律神経失調症です。自律神経失調症の怖いところは、病院で検査しても、その原因が確認できないところです。頭や目耳の調子が悪い、内臓が痛いなどの症状があっても、CTやMRIで何も映らないのです。自律神経失調症と診断された場合は、自覚症状のあらわれ方が人によって様々ですが、それは人間の病と言われるものの、ほとんどの症状をカバーするほど多岐にわたるようです。治療方法も症状にあわせて多岐にわたるため、原因不明の体調不良が長引く場合は、自律神経失調症の可能性も視野に入れて、早めに病院へ行き、専門医の指示に従って治療してください。また、脳も病気にかかってしまう可能性があり、代表的な病気に脳梗塞が挙げられます。脳梗塞も自律神経失調症と同様にストレスが原因になる可能性があるため、ストレスを溜めない生活を心掛けるようにしましょう。

自律神経の乱れ

診察

自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることによって起こる病です。予防のためには、ストレスをためない事と、規則正しい生活習慣が必要となります。先天的にストレス耐性がない人は、無理な環境に身を置かない工夫が必要となります。万が一症状が出た場合は、すぐに周囲の信頼できる人に相談し協力を仰ぎましょう。

詳細を読む

自律神経失調の原因と対策

ドクター

自律神経失調症の原因は、人それぞれ多岐にわたります。主に生活習慣の乱れや、過度のストレスに加え、先天的なストレス耐性や、免疫力の低下、ホルモンバランスの変化なども原因となります。規則正しい生活を習慣化するため、朝日を浴びてセロトニンの分泌を促すことが重要です。

詳細を読む

自律神経を乱さない

看護師

自律神経失調症に陥らないためには、規則正しいリズムで生活することが大切となります。運動、食事、入浴、睡眠、などを毎日同じリズムで行うことで、自律神経失調症の予防となります。また、人間関係を良好に保ち、余計なストレスをためないことも大切です。

詳細を読む